付き合う前のデート場所や頻度は?手を繋ぐ?付き合う秘訣

付き合う前のデートは場所や回数など悩みがたくさん。手を繋ぐのは?キスはあり?付き合うための秘訣を調査しました。初デートも2回目のデートも重要!会話や誘い方などのアドバイスも。告白までどのくらいだったのか?脈ありなのは?気になるところです。

【女性必見】付き合う前のデートまとめ!服装から会話術まですべて話します

付き合う前に誘われたショッピングデート♪

f:id:okopoya:20171115034417p:plain

付き合う前のデートってどうしていいかわからないですよね。
付き合っている相手とのデートだったらばっちり決めていけばいいと思いますが、付き合っていない相手にあまりばっちり決めていくと少しひかれてしまったり軽い女子だと思われてしまうことになってしまうかもしれません。

 

付き合う前のデートで相手に告白してもらうために

今回は私の付き合う前に行ったデートの話をします。そのデートはショッピングデートでした。
大型ショッピング施設に一緒に行ったのですが、その時は気温が高かったので、デートの前の待ち合わせでペットボトルの飲み物を用意しておきました。こういった気遣いを喜んでくれる相手は多いので。準備しておくといいと思います。

 


そして、大型ショッピング施設に行くまでの道中は話を絶やさないようにしました。目的地は2時間ぐらいかかる場所だったのでその間に話題がなくなるということがないように気を付けたのです。

 

天気の話から始まり、さりげなく相手の好きなことを聞いてみたり、そんな中で特に気を使ったのは相手に質問をする前に自分はどうかということを少し話すようにしました。

 


自分のことだけを話してしまうのは良くないですし、相手に質問攻めだと感じさせないようにするためです。そうすることで道中の車内は雰囲気も良く楽しく過ごせました。

 


大型ショッピング施設についてからは二人で話しながらのショッピングです。私は背が170cmなのですが、彼は185cmだったので、極力彼との会話がしやすいようにヒールがある靴を履いていきました。ここで大切なのは歩き疲れないように歩きやすい靴を選ぶことです。

 


どうしても付き合っていない相手との距離だとちょっと疲れたということも言いづらいですし、だからと言ってあまりカジュアルすぎると異性として意識してもらえないくなってしまいます。カジュアルだけど相手に異性として意識してもらえるような服装を選びました。

 

付き合う前のデートの服装おすすめは?

服装で特におすすめだなと思ったのはマキシ丈のワンピースやロングのスカートです。
あまり色気を感じさせることはできませんが、あまり露出が多い服装だと相手に軽そうだと思われてしまいます。それにパンツスタイルと違い足の所作を気にしなくていいというメリットがあります。

 


普段パンツスタイルの人は特にギャップで意識してもらえますよ、私はそうでした。
最後にデートの時にどこまでしてもいいかということですが、基本は何もしないでおいたほうがいいでしょう。相手が何かを迫ってきても冷静になってください。

 

簡単に誘いに乗ってしまうというのは、下手したら相手にとってただの都合のいい相手になって終わってしまいます。ですので、私は付き合う前のデートは基本的に手もつなぎませんし、キスもしません。

 

付き合う前のデート手繋がないのは脈なし?

人によってはなぜしないのかと聞いてくる人もいましたが、私は正直に付き合う前だからそういうことはしないと伝えます。何度かデートをしてみて本当にいい雰囲気になったときは手をつないだりキスをしたりしますが、そういう時は相手に説明した後が多いので相手からのお付き合いの告白があることが多いです。

 


何もしないと脈なしだと思われてしまうのではないかと考える人もいるとは思いますので、好意を持っているようなら、好意を言葉にしてデートの時にさりげなく伝えてみるといいですよ。

 

私は、会話の端々で相手のことを特別に思っているということを伝えるようにしています。意外と伝わるものです。

 

 付き合う前のデートで現地集合は寂しい

f:id:okopoya:20171016023023p:plain

私は31歳の女でその当時は会社で事務職をやっていました。お付き合いした相手とは知り合いを介して知り合いました。知り合って付き合う前からお付き合いを開始するまでのデート回数は10回程度だったと思います。

 

 

付き合う前のデートはいつもカジュアルなところが多かったです。何かの買い出しのついでだったりということが多かったのも関係しているのでしょう。初デートは大型ショッピング施設での買い出しでした。

 


ちょうど敬老の日も近かったので父に敬老の日のプレゼントを買いたいということで二人で選びに出かけたのが付き合う前の初デートでした。2回目のデートはドライブでした。

 

 

相手が用事で長距離を移動するときに、一人で運転するのは心細いと私を誘ってきたのです。基本的にはデートの場所はショッピングモールとか、ドライブでの車の中が多かったです。

 

 

誘い方は、一人じゃ心細いからとか、一緒に何かを選んでほしいからというものが多くあまりデートを意識しないで行けたので良かったです。移動は相手の運転が多かったのですが、現地集合というのはありませんでした。現地集合だと言われたら少し行くのをためらってしまいそうです。

 

 


付き合う前に手をつないだりキスをするのは基本的にはしませんでした。お互いに少しずつ距離を縮めていった感じです。デート以外に私の家族との付き合いもあったのでほぼ毎日夕飯を食べに来たりしており、その時にだんだん距離が縮まったのでデートだけではなかったと思います。

 

 

後から聞いた話ですが、私は普段パンツスタイルが多いのですがデートの時にスカートをはいていったことで彼自身が私のことを異性として意識して意識するようになったと言われました。

 

 付き合う前のデートの女性心理

付き合うためには、まず相手に自分が好意を持っているということをさりげなく伝えることです。
相手が好きになってくれるかどうかの前に自分が好きだということを伝えるというのはあまり重いことをしない限りは悪い印象を与えません。

 

 

特に女性から男性へとなると待つ姿勢に走りがちな人もいますが、さらっと伝えてみましょう。あまり重たい行為の伝え方ではだめです。
そして付き合うために気を付けることは、付き合いたいと思うあまりに相手に振り回されたりしないことです。

 


人によっては自分に好意があると分かったとたんに横暴な態度になったりわがままを言ったりするような人もいます。ですから、好きだという情熱も大切ですが、あまり好きという気持ちだけを頼りに付き合うという段階まで突っ走らないことも大切です。

 

 


次に、自分が相手と付き合うならどんな自分でいたいかということを常にイメージしておくことが大切です。実際に付き合うためにすごく頑張ったけど、付き合ってからが全然だめで別れてしまうということも多々あります。

 

 

そういったことにならないように付き合うということは一つの通過点としてその先まで見据えておくといいでしょう。

 


最後に付き合うということは自分一人のことではありません。相手がいて初めて付き合うということが成立するのです。なので相手に最低限のありがとうやごめんねは伝えるようにしましょう。これができるだけでも付き合いたいなと思ってくれるきっかけになったりしますよ。