付き合う前のデート場所や頻度は?手を繋ぐ?付き合う秘訣

付き合う前のデートは場所や回数など悩みがたくさん。手を繋ぐのは?キスはあり?付き合うための秘訣を調査しました。初デートも2回目のデートも重要!会話や誘い方などのアドバイスも。告白までどのくらいだったのか?脈ありなのは?気になるところです。

付き合う前の初デートで2回目を誘うには共通の趣味を探して!

付き合う前のデートで共通の趣味をみつけて仲良くなりましょう!

f:id:okopoya:20180213150844p:plain 

付き合う前のデートについての体験談です。

  

40代の会社員として都内で働いています。
同じ会社の同僚に紹介された女性と、食事をしたのがきっかけで付き合う事になりました。
知り合ってから、告白をして付き合うまでの期間は3ヶ月程度で、付き合う前のデート回数は3回です。

 付き合う前の初デートはレストランで食事

会社の同僚に紹介された女性と、同僚も含めて3人で食事をしました。
これは付き合う前のデートに含みません。
この食事会の途中で、彼女とLINEのIDを交換しました。

 

 


初デートは食事をした翌週の週末で、「ふたりで食事でもどうですか?」という感じで誘いました。
彼女の勤めている会社と私が務めている会社は近いので、最寄駅周辺のイタリアレストランで食事をしました。

 

 


ふたりで食事をするのは緊張しましたが、美味しい食事がコースで提供されるため、「美味しい!」と言い合いながらワインを飲んでいるうちに、緊張はほぐれました。
この食事の途中で、美味しい飲食店の話で盛り上がりました。
ふたりとも食事をするのが趣味だと分かり、意気投合できました。

 

 


2回目のデートは、グルメサイトでも人気のある、隠れ家風のフレンチレストランでの食事です。
初デートの途中で「行きたいお店」の話題になり、ふたりとも気になっていたこのレストランに行く事になりました。
少し落ち着いた場所での食事でしたので、初デートよりも恋愛ムードが高めになりました。

 

 


初デート、2回目のデートともに「食事に行く」という目的のデートでしたので、特に誘い方を工夫する必要がありませんでした。
もしデートの誘いを断られたとしても、「食事の誘いを断られた」というだけで、それほど傷つく事もなかったでしょう。
お互いの趣味が共通していて、ふたりとも「食いしん坊」だった事が、カップル誕生につながったと思っています。

 付き合う前のデートも一緒に遊びに行く感覚

私たちはグルメという共通の趣味で、仲が良くなりデートも楽しくする事ができました。
もしこれから恋人をみつけようとしている人がいたら、「共通の趣味を見つける事」が大切だと思います。

 

 


私は会社の同僚の紹介で、彼女と出会いましたが、自分の周辺から恋人をみつける事にこだわる必要はないと感じています。
例えば自分の趣味がアニメ鑑賞なら、アニメファンが集まるイベントに積極的に参加をして、アニメが趣味の女性と知り合う機会を増やすと良いのではないでしょうか。

 

 


またランニングが趣味の人なら、ランニングサークルに参加をすると、週末に一緒にランを楽しむ事ができる恋人をみつける事ができると思います。
共通の趣味がないと、デートに誘う時も「いかにも恋人を募集しています」という雰囲気になってしまいます。

 

 


誘われた側も身構えてしまったり、極度に緊張してしまうなど、あまり良い雰囲気にならないと思います。
共通の趣味がある相手なら、「一緒に遊びに行く」「趣味のイベントに一緒に行く」という雰囲気になります。

 

 


誘われた側も誘いを受けやすいですし、断りやすいので、「優しい誘い方」になると思います。
映画が趣味なら一緒に映画に行こうとデートに誘う事ができますし、おなじアーティストのファン同士なら、ライブに誘う事ができます。

 

 


また受け身タイプの男性や女性なら、自分の趣味を公言しておく事で、趣味のイベントに誘われやすくなると思います。
さらに共通の趣味の人たちが集まる、婚活パーティなどに参加するのもおすすめです。