付き合う前のデート場所や頻度は?手を繋ぐ?付き合う秘訣

付き合う前のデートは場所や回数など悩みがたくさん。手を繋ぐのは?キスはあり?付き合うための秘訣を調査しました。初デートも2回目のデートも重要!会話や誘い方などのアドバイスも。告白までどのくらいだったのか?脈ありなのは?気になるところです。

年下彼女と付き合うための工夫!付き合う前のデートはこれでOK!

年下彼女と付き合う為にデートは工夫しました !

f:id:okopoya:20180213150844p:plain

私45歳の既婚男性ですが、妻は11歳年下の34歳です。
知り合ったのは今から15年前で、当時は私30歳、妻19歳でした。
30代独身男性が10代女性と交際を?と思うかもしれませんが、それは私なりにデートで工夫したからなんですよね。
どういう工夫で彼女をおとしたかご紹介します。

年の差あってもデート1回で告白されるためには

 私は45歳の男性ですが、妻と知り合ったのは今から15年前です。
当時は私30歳で妻は19歳と、かなりの年の差がありました。

 

私が経営するお店に彼女が短期バイトに来て知り合いました。
短期バイトというのはティッシュ配りで、これ自体は夏休みに少ししてもらっただけです。


付き合う前のデート回数は一回です。
この一回で見事彼女を落として交際へとこぎつけました。
"彼女と付き合う前の接点は、面接時とティッシュ配りをしてもらう日に会うだけでした。


会うといっても、その日に配布してもらうティッシュの配送と回収をするだけなので、一日トータルで10分会話するかどうかです。

 


それが週1.2回ペースで二ヶ月ほど続いたぐらいなので、デート前はそれほど親密な仲ではありませんでした。

 

 

デートをするキッカケになったのは、バイト終了時に車で彼女を送ったことですね。
夏休み期間中頑張って仕事をしてくれましたし、最後は自宅まで送り届けて彼女に楽をしてもらおうと思ったんです。

 


ただそのまま送るのではなく、途中飲食店で食事をしてから帰ったんです。
この時に彼女からの好感度がアップし、次に週末デートするようになりました。

付き合う前の初デートは現地集合なんて論外

初デートの待ち合わせは彼女自宅近くのコンビニです。
私が現地まで車で迎えに行きました。
意識したのは彼女の手間を省くということです。

 


駅で待ち合わせするのもアリですが、これだと女性は結構面倒ですよね。
ベストは自宅前で男性が車で待機しておくことだと思うんです。
この時は彼女から自宅は教えられてませんし(履歴書に書かれた住所は知ってますけど)、彼氏彼女の仲でもないのにそれはやり過ぎだと思ってコンビニしました。

 

 

次に待ち合わせ場所に着いても彼女を焦らせないようにしました。
この頃はガラケー全盛期で連絡手段は携帯電話の通話かメールでした。
この時はメールで着いたことを言いました。

 


しかし、着いたよ~とメッセージを送るのではなく、駐車場に着いたけどコンビニ店内で物色してるから慌てずに来てねとメッセージを送りました。
女性はデート時の服のコーディネートや化粧に気をつかいますから、すぐ出て行く~なんてなかなか出来ません。

 


彼女を慌てさせないように気をつけたんですよね。

付き合う前のデートでボディタッチはあり?

初デートは告白前でしたし、ボディータッチ系のことは軽く程度にしました。
ボディータッチといってもイヤラシイものではなく、歩いてる時にするボディータッチです。

 


例えば私と彼女が横に並んである時に、前から人が来たとします。
こちらは並走してるわけですから、道を譲らなくてはなりません。
そういう時に彼女の肩を持ってこちらに抱き寄せたり、私の方が早歩きをして前に出たり、歩調を遅らせて彼女の後ろについたりといった位置取りをする為のボディータッチです。

 


もちろん体に触れずに出来ますけど、こういうシチュエーションだとさりげなくボディータッチ出来ます。
それに女性からも気が利く人だな~と受け止めてもらえますから一石二鳥なんですよね。

 


女性の事を悪く言うつもりはありませんが、こういう道を譲る譲らないに関しては男性の方が上手に出来る傾向にあります。
そこを上手く活用してデートを行いました。

 

 

食事に関しても彼女のことを意識しました。
自分が食事を楽しむのではなく、彼女が快適に食事出来るように気配りをしたんです。

付き合う前のデートは2回目が大事!誘い方は?

f:id:okopoya:20170727155416p:plain

初デートでの接し方が良かったんでしょう。
彼女からデート終了時に告白してもらえました。
そして2回目のデートとなります。
2回目のデートの誘い方は、彼女からの告白をOKしつつ笑顔で行いました。

 

 

基本的に、女性は初デートは大体受け入れてくれます。
女性にパートナーがいる、もしくは相当嫌われてるといった状況でないなら、大丈夫だと思います。

 


もちろん、最初から好き好きオーラを出して誘うのは厳禁です。
そうではなく、美味しいお店があるんだけどどう?な感じでワンクッション置いた誘い方をします。

 

 

女性の方もこれがデートの誘いってわかりますけど、直接的ではなく間接的に誘った方がOKしてもらえやすいんですよね。
私とデートで食事をするのではなく、美味しいお店へ行くのに私が同伴すると考えた方が気は楽でしょうし。

付き合う前のデートは女性への気配りで2回目、3回目に

ただ、初デートを受け入れてもらえたとしても、油断は禁物です。
むしろここからがスタート地点と考えてください。
デートするまでが一次試験、初デートからが二次試験といった所ですね。
面接で言うなら、書類選考に通っただけです。

 


ここから上手にリードできるかで、二回目のデートや交際に大きくかかわってきますから。

初デートという試験をクリアし、交際に持ち込みには女性への気配りに気をつけてるように意識しました。

 


先ほどデート中の歩き方(位置取り)に関して軽くお話しましたけど、要は女性が何も考えずに歩けるようにすればいいだけです。
女性の歩き方はそのままで、こちらが位置取り工夫する。その為には早めに状況を把握し、解決策を見出して実行しなければなりません。
これらを女性が気づく前にするわけですから、結構気配り出来ないとダメなんですよね。

 

 

食事に関しても、お店のスタッフへのオーダーはすべてこちらがします。
もし上座があるなら、女性を上座に座わらせて自分が面倒なことをすべてするようにします。
例えば焼肉店の場合、女性の食べるお肉まで焼いてあげる、焼きあがったお肉は女性の小皿にお肉を移す、その際に使う箸やトングは専用のものを使うといったようにします。

 


つまり女性はボーっと座っていても、自動的に小皿に焼いたお肉が提供され、食べてる間にお肉が補充されるわけです。
こういうお姫様待遇をすれば女性は心地よいですし、優しくて気配りの出来る男性だなと感じてもらえます。
一度このような印象を持ってもらえたら、ちょっとした失敗もポジティブに捉えてもらえます。

 

 

例えばサッカーの上手な男性がいたとしましょう。
女性が好意を持っていれば、サッカーの上手なカッコイイ男性と評価します。
嫌っていれば、サッカーしか能のないバカな男性と評価します。
男性自身に変化はありませんが、抱いてる印象の良し悪しでここまで評価に差は出来てしまうんですよね。

 


ですので女性から印象良く持ってもらえれば、ほとんどの場合はプラスに受け取ってもらえます。
私のように女性から告白してもらうことも可能です。

こういった点に注意して女性とデートすれば、女性と付き合えるようになります。